グローバルエレメントの管理

プロジェクト トラッカーを使用するプロジェクトには、必ず案件タイプが含まれます。案件タイプは、プロジェクトの構成物です。案件タイプは、特定の種類のデータのテンプレートです。たとえば、CollabNet には、デフォルトの不具合案件タイプがあります。1 つのプロジェクトで、不具合、拡張リクエスト、テスト計画など、複数の種類の案件タイプが必要になる場合もあります。案件タイプは、不具合レポート、拡張リクエストなどのインスタンスを作成するユーザがテンプレートとして使用します。適切な権限を持つプロジェクト メンバーは、プロジェクトに新しい案件タイプのインスタンスを入力できます。

案件タイプは、属性のセットで構成されます。属性は、案件の特性を説明します。たとえば、不具合案件タイプの属性には、重要度や担当者などが考えられます。ユーザは、案件の作成および変更、案件の検索、レポートの作成を行うときに属性の値を入力します。ユーザ属性は、ユーザと案件の関係を説明する特別なタイプの属性です。品質管理担当の連絡先や担当者は、ユーザ属性です。属性値には、E-Mail アドレス、整数、単数または複数の選択リスト、短いテキスト文字列、または長いテキスト文字列を使用できます。

ドメイン管理者は、[管理機能] タブからグローバル案件タイプを定義します。グローバル案件タイプとそれに関連付けられた属性は、すべてのプロジェクトで使用できます。

プロジェクト オーナーは、[プロジェクト] タブからプロジェクトにグローバル案件と属性を追加できます。プロジェクトに関連付けられたエレメントは、プロジェクト オーナーがプロジェクトに合わせてカスタマイズできます。このカスタマイズは、グローバル エレメントには影響しません。同様に、グローバル エレメントに加えた変更は、プロジェクト レベルで行ったカスタマイズに影響しません。グローバル レベルで行われた変更をプロジェクト オーナーが取り込む必要がある場合、オーナーは、案件タイプを削除してから再度追加する必要があります。

グローバル案件タイプの定義

グローバル レベルで定義された案件タイプは、プロジェクト レベルで変更できます。

プロジェクト オーナーがプロジェクト トラッカー内に新規プロジェクトを作成すると、グローバル レベルでデフォルトにマークされているすべての案件タイプがプロジェクトの案件タイプの主要なリストに表示されます。ただし、グローバル レベルでデフォルトにマークされてない案件タイプは、プロジェクト オーナーが手動で追加する必要があります。

プロジェクト オーナーは、少なくとも 1 つのグローバル (非ユーザ) 属性を持つ案件タイプだけをプロジェクトに追加できます。案件タイプをプロジェクト オーナーが使用できるようにするには、1 つ以上のグローバル属性を割り当てる必要があります。詳細については、「属性について」を参照してください。

案件タイプの定義のガイドライン:

プロジェクト トラッカーには、直接使用できるグローバル案件タイプのサンプルが用意されています。

案件タイプを定義するには

  1. [管理機能] タブをクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで [プロジェクト トラッカー] > [案件タイプ] をクリックします。
  3. [案件タイプ] ページで [新規追加] をクリックします。
  4. 案件タイプの名前と説明を入力します。
    案件タイプの名前は、内容がわかる説明的なものにします。説明フィールドを使用して、案件タイプに取り込む情報を記述します。
  5. [名前空間] ドロップダウン リストから値を選択します。案件タイプをデフォルトの 2 つの名前空間の値 ([デフォルト][IT から PT への変換]) のうちのいずれか、またはプロジェクト テンプレート アーカイブのインポート時に作成された名前空間に関連付けられます。
  6. 必要に応じて、次の値の 1 つ以上を選択します。
    • [アクティブ] - プロジェクト レベルで使用される案件タイプを有効にします。
    • [ロック] - 案件タイプがプロジェクト レベルで変更されないようにします。
      デフォルトでは、このオプションは有効です。案件タイプが [ロック] ステータスに設定されないようにするには、チェックボックスをオフにします。
    • [デフォルト] - すべての新規ロジェクトに案件タイプを追加します。
    • [削除] - 案件タイプがプロジェクト レベルで使用されないようにします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. 必要に応じて、グローバル属性のグループを追加します。
    注意:新しい属性グループを案件タイプに追加すると、案件タイプに関連付けられている名前空間が自動的に属性グループに割り当てられます。
  9. 必要に応じてユーザ属性を追加します。
    注意:新しいユーザ属性を案件タイプに追加すると、[ユーザ属性の選択] ページの [リストのフィルタ検索] ドロップダウン ボックスを使用して、別の名前空間に関連付けられている属性のリストをソートできます。

注意:名前空間に所属する案件タイプを既存のまたは削除されたプロジェクトに関連付けた場合、その案件タイプを他の名前空間に再割り当てすることはできません。

グローバル案件タイプの識別子を選択するには

  1. [管理機能] タブをクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで [プロジェクト トラッカー] > [案件タイプ] をクリックします。
  3. 識別子を設定する案件タイプのリンクをクリックします。
  4. 識別子になる属性を含む案件グループのリンクをクリックします。
    [グローバル属性グループ] ページが表示されます。
  5. 属性の [識別子として使用] ラジオ ボタンをクリックします。
    このオプションは、テキスト属性にのみ使用できます。

属性について

案件は、属性の集合です。たとえば、不具合案件には、[要約]、[説明]、[発見されたバージョン]、[修正されたバージョン] などの属性があります。プロジェクト メンバーは、案件の作成、変更、検索時、またはレポートの実行時に、属性の値を入力します。

[管理機能] タブで、1 つ以上の案件タイプで使用される属性のプールを定義します。たとえば、不具合や拡張機能要求などの案件タイプで [優先度] 属性を使用できます。各案件タイプは、他と属性が重複していてもかまいません。ただし、属性の組み合わせは異なります。たとえば、不具合と拡張機能要求では異なる属性の組み合わせが必要ですが、この 2 つの案件タイプは、不具合レポートや拡張リクエストを作成した顧客名など、共通の属性を持つこともあります。定義できる属性の数に制限はありませんが、プロジェクト オーナーが使いやすいように、できる限り属性のリストを短くすることをお勧めします。

プロジェクト間で属性を移動すると、案件の属性は移動元と移動先の間でマップされます。

属性を定義するときは、次のことに注意してください。

グローバル属性

汎用的な属性 (グローバル属性) には、日付、リスト、整数、E-Mail アドレス、テキスト入力フィールドがあります。

要素の位置について

リスト属性要素の位置は、次のルールで制御されます。

リスト内の要素の位置を変更したい場合があります。その場合は、リスト要素に新しい位置を割り当て、変更を保存します。たとえば、要素 C を位置 3 に割り当てた後で先頭に置きたくなった場合は、位置 1 に再割り当てできます。リスト要素をリスト内で上の位置に移動すると、他のすべての要素の位置が 1 つ下がります。

たとえば、次のようなリストがあるとします。

  1. = A
  2. = B
  3. = C
  4. = D
  5. = E

ここで、要素 C を先頭に置くとします。C を最初の位置に割り当てると、次のようなリストが生成されます。

  1. = C
  2. = B
  3. = A
  4. = D
  5. = E

複数の要素を 1 つの位置に置こうとすると、要素の相対的な順序は維持されます。たとえば、要素が次の順序で並ぶリストがあります。

  1. = A
  2. = B
  3. = C
  4. = D
  5. = E
  6. = F

要素 D を位置 2 に移動します。また、要素 E を位置 2 に移動します。この場合、D は位置 2 に割り当てられ、E は位置 3 に割り当てられます。その他のすべての要素は、以前のルールに従って移動されます。最後の順序は次のとおりになります。

  1. = A
  2. = D
  3. = E
  4. = B
  5. = C
  6. = F

ユーザ属性

ユーザ属性は、ユーザと案件の間の関係を作成するために使用されます。ユーザ属性は、次の機能を実行します。

ユーザ属性を定義するときは、プロジェクト メンバーが属性を表示または編集するために必要な権限も指定します。ユーザ属性のオプションでは、属性を使用する案件インスタンスが変更されたときにその属性のユーザに E-Mail で通知されるように設定できます。ユーザ属性は、「宛先」および「CC」アクションに関連付けられます。

ユーザ属性は、リスト ボックスに表示されます。表示される選択肢は、ドメインに登録された全ユーザのリストから、属性に関して定義された権限に基づいて抽出されます。プロジェクトのユーザが持つ権限の値の決定については、「プロジェクト トラッカーのロール マトリックス」を参照してください。

属性の設定

属性は [管理機能] タブで設定できます。属性には、テキスト文字列、整数、E-Mail、選択リストを含む複数のタイプがあります。属性を選択リストにする場合は、リストに値が表示される順序を指定する必要があります。プロジェクト トラッカーでは、リスト、単一選択リスト、複数選択リスト、およびステータス属性の値を設定するときに、オプションの順序の重複は許可されません。

属性値は、階層状に設定できます。たとえば、「コンポーネント」という名前の属性では、親の値を「Windows」とし、子の属性に「Windows 2000」と「Windows XP」とすることができます。親の属性オプションは、レポートとクエリの作成ページに表示され、ユーザが親オプションを選択すると、すべての子の値が結果に含まれます。

グローバル属性を設定するには

  1. ドメイン管理者としてログインし、[管理機能] タブをクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[プロジェクト トラッカー] > [案件属性] をクリックします。
  3. [グローバル属性] サブタブをクリックします。
  4. [新規作成] をクリックします。
  5. [新規グローバル属性] ページで、[入力タイプ] フィールドから属性タイプを選択します。
  6. [名前] フィールドに名前を入力します。
  7. [説明] フィールドに新しい説明を入力します。
    注意:ユーザは説明を表示して、属性を入力する最適な方法を判断します。適切な選択ができるように、十分な説明を入力してください。
  8. [名前空間] ドロップダウン リストから値を選択します。案件属性は、デフォルトの 2 つの名前空間の値 ([デフォルト][IT から PT への変換]) のうちのいずれか、またはプロジェクト テンプレート アーカイブのインポート時に作成された名前空間に関連付けられます。
  9. [続行] ボタンをクリックします。
  10. 属性がリスト タイプの属性の場合は、[属性オプション] で最初の値の名前を入力し、[保存] をクリックします。
    追加の値を入力するには、[新規] フィールドに値を追加し、ユーザに値を示すための一意の順序を入力します。指定した順序の値が重複すると、エラーが発生します。
  11. 属性がリスト タイプの属性の場合は、各属性オプションについて親の値を選択できます。
    たとえば、「オペレーティング システム」という名前の属性オプションを [Windows]、[Linux]、[UNIX]、[Mac] などのオプションの親の値にできます。

グローバル属性を変更するには

  1. ドメイン管理者としてログインし、[管理機能] タブをクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[プロジェクト トラッカー] > [案件属性] をクリックします。
  3. [グローバル属性] サブタブをクリックします。
  4. 削除する属性のリンクをクリックします。
  5. 必要に応じて、[入力タイプ] フィールドから属性のタイプを変更します。
  6. 必要に応じて、[名前] フィールドの名前を変更します。
  7. 必要に応じて、[説明] フィールドの説明を変更します。
    ユーザは、説明を表示して属性の入力方法を理解します。説明には十分な情報を含めてください。
  8. リスト タイプの属性の場合は、[属性オプション] で、新しく追加する値の名前を入力するか、既存の値の名前を変更し、[保存] をクリックします。
    追加の値を入力するには、[新規] フィールドに値を追加し、ユーザに値を示すための一意の順序を入力します。指定した順序の値が重複すると、エラーが発生します。
  9. 値を削除するには、値の左にある [削除] チェックボックスをオンにします。
  10. 属性がリスト タイプの属性の場合は、各属性オプションについて親の値を選択できます。
    たとえば、「オペレーティング システム」という名前の属性オプションを [Windows]、[Linux]、[UNIX]、[Mac] などのオプションの親の値にできます。

注意:グローバル属性の名前空間を他の値に再割り当てできるのは、その属性が案件タイプに関連付けられていない場合だけです。

グローバル属性を削除するには

  1. ドメイン管理者としてログインし、[管理機能] タブをクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[プロジェクト トラッカー] > [案件属性] をクリックします。
  3. [グローバル属性] サブタブをクリックします。
  4. 変更する属性のリンクをクリックします。
  5. 属性の編集ページで、[削除] チェックボックスをクリックします。
  6. [更新] ボタンをクリックします。

グローバル属性オプションを削除するには

  1. オプションを削除する属性のリンクをクリックします。
  2. 属性の編集ページで、[属性オプション][削除] チェックボックスをクリックします。
  3. [保存] ボタンをクリックします。

警告:グローバル属性またはそのいずれかのオプションを削除すると、その属性または属性オプションを使用している案件からデータが削除されます。

ユーザ属性を設定するには

  1. ドメイン管理者としてログインし、[管理機能] タブをクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[プロジェクト トラッカー] > [案件属性] をクリックします。
  3. [ユーザ属性] サブタブをクリックします。
  4. [新規作成] をクリックします。
  5. [新規グローバル ユーザ属性の作成] ページで、[名前] フィールドに名前を入力します。
  6. [説明] フィールドに新しい説明を入力します。
    ユーザは、説明を読んで属性の入力方法を理解します。説明には十分な情報を含めてください。
  7. [名前空間] ドロップダウン リストから値を選択します。ユーザ属性をデフォルトの 2 つの名前空間の値 ([デフォルト][IT から PT への変換]) のうちのいずれか、またはプロジェクト テンプレート アーカイブのインポート時に作成された名前空間に関連付けられます。
  8. [E-Mail アクション] ドロップダウンで、この属性を使用している案件が作成または変更されたときに、この案件のユーザに自動的に E-Mail を送信するかどうかを選択します。
    たとえば、不具合案件に [CC] 属性を含めて、この属性が割り当てられたユーザには、不具合が追加または変更されたときに送信される E-Mail が同報されることを示すことができます。
  9. プロジェクトに追加されているユーザに基本権限を割り当てます。
  10. [保存] をクリックします。
  11. [完了] をクリックします。

ユーザ属性を変更するには

  1. ドメイン管理者としてログインし、[管理機能] タブをクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[プロジェクト トラッカー] > [案件属性] をクリックします。
  3. [ユーザ属性] サブタブをクリックします。
  4. 変更する属性のリンクをクリックします。
  5. 必要に応じて、[名前] フィールドに新しい名前を入力します。
  6. [説明] フィールドに新しい説明を入力します。 
  7. 必要に応じて、[E-Mail アクション] を変更します。
    この属性を使用している案件が作成または変更されたときに、この案件のユーザに自動的に E-Mail を送信するかどうかを選択します。たとえば、不具合案件に [CC] 属性を含めて、この属性が割り当てられたユーザには、不具合が追加または変更されたときに送信される E-Mail が同報されることを示すことができます。
  8. 必要に応じて、プロジェクトに追加されているユーザに割り当てられている基本権限を変更します。
  9. [保存] をクリックします。
  10. [完了] をクリックします。

属性の状況依存ヘルプの説明

ドメイン管理者は、プロジェクト トラッカーの個々のグローバル属性にヘルプの説明テキストを追加できます。プロジェクト レベルのプロジェクト トラッカーの管理者が説明をオーバーライドしなければ、グローバル属性の定義に追加した説明が表示されます。状況依存ヘルプ機能を有効にするには

  1. ドメイン管理者としてログインします。
  2. [管理機能] タブをクリックし、左側のナビゲーション ペインで [設定][プロジェクトのデフォルト] リンクをクリックします。
  3. チェックボックスをオンにして、プロジェクト トラッカーの属性の説明機能を有効にします。
  4. [プロジェクト] タブをクリックし、[新規プロジェクトの開始] をクリックし、追跡ツールとしてプロジェクト トラッカーを使用する新しいプロジェクトを作成します。
  5. [案件の入力] リンクをクリックし、任意の案件タイプをクリックすると、[非表示/表示] トグル ツールバーが一番上のメニュー バーの下に表示されます。
  6. 画面上部の [プロジェクトの編集] リンクをクリックし、プロジェクト管理セクションの [ツールの設定] リンクまでスクロールダウンし、プロジェクト トラッカー セクションの属性の説明機能を有効にすることもできます。

この機能は、すべての案件ページのすべての属性フィールドのツール ヒントとして使用できます。また、この機能は、新しいクエリまたはレポートを作成するときに、クエリまたはレポート結果の属性列で使用することもできます。

グローバル案件タイプの非アクティブ化

グローバル案件タイプは、デフォルトでは [ロック] ステータスに設定されます。[アクティブ] ステータスでは、案件タイプを特定のプロジェクトに追加できます。グローバル案件タイプを非アクティブ化すると、プロジェクトの追加に使用できなくなります。

グローバル案件タイプをプロジェクトに関連付けた後で非アクティブ化しても、そのプロジェクトでは引き続きそのタイプの案件を作成できます。案件タイプがグローバル レベルで非アクティブ化されても、プロジェクトの作成時にアクティブであり、プロジェクトに関連付けられていた場合は、その案件タイプを使用して新しい案件が作成できなくなることはありません。非アクティブな案件タイプを新規プロジェクトに関連付けることはできません。

プロジェクトで使用されているグローバル案件タイプは削除できません。

注意: [デフォルト] のチェックボックスは、チェックされていてもグローバル案件タイプを非アクティブ化するとクリアされます。案件タイプを再度アクティブ化するとき、この案件タイプをデフォルトに指定する場合は [デフォルト] チェックボックスをチェックする必要があります。

案件タイプを非アクティブ化するには

  1. ドメイン管理者としてログインします。
  2. [管理機能] タブをクリックします。
  3. 左側のナビゲーション ペインで [プロジェクト トラッカー] > [案件タイプ] をクリックします。
  4. 非アクティブ化する案件タイプのリンクをクリックします。
  5. [アクティブ] チェックボックスをオフにします。